レイクALSA(アルサ)ってなに?


って聞こえてきそうですが、このこととレイクALSA(アルサ)で借り換えはできるのかということは銀行カードローンの規制から話さなくてはなりません。

まずレイクALSAは新生銀行グループの新生フィナンシャルという消費者金融のカードローンです。新生銀行カードローンのレイクは新規申込を終了しまして、新生銀行グループとしてはこれから新生フィナンシャルのレイクALSAを推して行きます。

なぜこのようになったのかというと、自己破産者の増加で銀行カードローンが金融庁に規制されることになり、

 

  • 借り換え・おまとめローンの申込を自粛
  • 専業主婦の申込を自粛
  • 即日融資が不可能になった
  • 審査基準の引き上げ

これらの自主規制や金融庁からの規制により銀行カードローンであるレイクのメリットが大きく損なわれたからです。まだメガバンクなどの銀行カードローンであれば、唯一低金利というメリットが残っていますが、新生銀行カードローンのレイクは金利も高目の設定なのでメリットが残りません。

 

これらの事情により、いままで借り換えやおまとめローンで人気を博していた銀行カードローンで借り換えやおまとめローンができないことと、レイクが消費者金融のレイクALSAに移行したことが明らかになりました。


銀行カードローンでは借り換えやおまとめローンができない事は分かったけどレイクALSAではどう?

レイクALSA(アルサ)は新生フィナンシャルという消費者金融のカードローンなので総量規制の対象になります。正にこれを避ける為にレイクは新生銀行のカードローンであった訳ですが、銀行のカードローンのメリットがなくなったので現在に至っています。

借り換えとなると消費者金融では、既存借入額と借り換えのために借りる金額の合計額が審査の際に年収の1/3までに収まっていないといけない為、

 

大抵の場合総量規制に抵触しますので、レイクALSA(アルサ)でも借り換えは難しくなります。


 

銀行カードローンもダメ。レイクALSA(アルサ)でも借り換えは難しい。じゃどこで借り換えればいいの?


実は大手消費者金融で総量規制の範囲を超えて申込める方法があるんです。

 

総量規制には例外があり、『顧客の一方的利益のある借り換えは総量規制の例外とする』というものがありますので借り換え・おまとめでは総量規制の範囲を超えて消費者金融からも借りることができるのです。


大手消費者金融で総量規制の例外適用商品で借り換える際の注意点

消費者金融では総量規制の例外での借り換えと言う形で大々的に商品を打ち出してはいません。大抵は

  • おまとめローン
  • 貸金業法に基づく借り換え

などの表記で紹介されていたり、そもそも紹介されていなかったりします。申込フォームにもそれらしきチェック項目もありませんので、

 

総量規制の例外で申込んでる事が消費者金融に伝わらず審査に落とされてしまうことになります。


これを回避する方法は一つ!

 

申込後に電話をして借り換え・おまとめの利用である事を消費者金融に伝えましょう!


これだけで消費者金融は総量規制の例外適用を認識してくれますので、それに伴った審査をしてくれます。簡単ですよね?

借り換える際に総量規制の例外適用商品のある大手消費者金融

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

レイクの高金利から低金利銀行カードローンに借り換える方法

レイクは新生銀行のカードローンですが、お世辞にも”低金利”とは言えません(消費者金融並み)ので借り換えに向いていません。更に新生銀行カードローンレイクでは既に新規申込を終了していますので申込む事はできません。

 

やはり借り換えるのなら低金利な銀行カードローン


と言いたいところですが、正直低金利な銀行カードローンは、

 

前述の通り銀行カードローンでは借り換えができなくなりました。


現在、銀行カードローンの貸付残高は消費者金融を含む貸金業者を上回っています。これを債務超過の原因と見た金融庁が動いて、全銀連が自主規制を促したようです。

全国銀行協会借り換えカードローン三井住友銀行カードローン借り換えプロミスに借り換えるノーローン借り換え

レイクなどの銀行カードローンを含む借入を大手消費者金融で借り換える場合の留意事項

前述の大手消費者金融の借り換え商品では、

 

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠の借り換えには利用できません。


 

では銀行カードローンの借り入れは、大手消費者金融で借り換えることができないのかというとそうではありません。


銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠は、もともと総量規制の対象借入には入っていません。ですので、年収の1/3までの借り入れの中に換算する必要がないので大手消費者金融でも借り換えが可能になるのです。例えば、

 

年収420万円の方が、レイクからの借り入れが50万円、SMBCモビットからの借り入れが50万円、三菱東京UFJ銀行カードローンからの借り入れが50万円をプロミスで借り換えたいとします。借入額の合計は150万円で年収の1/3にあたる140万円を超えていますが、この内レイクと三菱東京UFJ銀行カードローンからの借り入れは換算しませんので残りは50万円となり、年収の1/3までの借入となりプロミスでも借り換え申し込みが可能になるのです。


この場合は総量規制の例外適用商品は必要ありませんので、SMBCモビットでも借り換えが可能になります。

借り換える際に総量規制の例外適用商品のある大手消費者金融

新生銀行のレイクで借り換えローンを利用することのメリットとは?

レイクはその名前からイメージが難しいかもしれませんが、実は新生銀行のカードローンの商品名です。これはどういうことかといえば、「総量規制の対象外の融資」を行っているということなんです。(現在では新規申込を停止・終了しており、新生銀行グループでは新生フィナンシャルのレイクALSAに力を入れています。)

銀行系のカードローンのメリットは、まさにこの「総量規制対象外」という点にありましたし、融資を受けるにあたり年収の金額による影響が少ないという点も今回の銀行カードローンの規制で見直しがなされました。その意味で考えた場合、レイクは借り換えローンにおいても検討したい候補のひとつだったのですが、

 

現在では銀行カードローンでの借り換え・おまとめローンは不可能です。


そもそも借り換えの場合、消費者金融でお金を借りる場合であっても総量規制の対象外の融資となる総量規制の例外適用商品もあり、銀行カードローンで借り換え・おまとめローンができなくなった今では重宝されています。

もちろん総量規制対象外だからといってそれだけ多くのお金をレイクで借りれたわけではありませんが、それでも最初から総量規制の対象ではないというだけで、専業主婦でも申し込みができてしまっていたのです。

さらに、レイクの場合選べる二つの無利息ローンも用意されていましたので、金利が高目でしたが人気がありました。金利については、銀行系のカードローンの中ではやや高めの利率設定となっているため、金利を下げる目的で借り換えを考えている人にとってはややデメリットに感じるかもしれません。レイクで適用される金利は年4.5%~18.0%となっていましたが、無利息サービスと共にレイクALSAに引き継がれています。

もっとも、レイクでは無利息期間があることに加えて総量規制の対象外であることを考えると、金利がやや高めになっていたのも営業観点から言うとそこが理由になります。なので現在総量規制の対象外であるメリットが規制により失われた上に、即日融資まで不可能になったのでレイクALSAに移行しているのです。

借り換えを行う目的は、利用者側にとっては返済を少しでも楽にするというものがあります。レイクは銀行系カードローンにしては珍しく、インターネットをはじめ自動契約機など様々な申し込み方法に対応しています。

少しでも早く借り換えを利用したいという人にとっては、レイクはぜひ候補として考えてみたいカードローンといえます。また新生銀行グループのノーローンも候補として検討すべきでしょう。

レイクALSA(アルサ)で借り換えた若しくはレイクALSAの借入を借り換えた方の体験談

郵便局で借りたお金を借り換える事になるとは・・・

 

専業主婦をしていると、毎月決まった金額で生活をしていかなくてはいけません。他にも収入がないので、本当に家計が大変です。家計のやりくりも、しているつもりでも、余計な出費が出るような事もあります。そうなった時に、本当に支払いなどに困ります。この間も、少しお金が必要な事があり、仕方なく生活費から出しました。しかし、これからまたそうなってくると、無理な気がしてきたいのです。

お金が必要になった場合、ローンが必要となってきそうです。しかし、私は郵便局でお金を借りることができるのか、心配な部分があります。かなか、専業主婦が利用できるようなローンはないと思うのです。あったとしても、金額は限度額は少なくなりそうです。

しかし、これからローンの事も考えていければと思っているのです。ローンが利用をしていけるように、とりあえずはローン会社を調べていくつもりです。もしもの時は、ローンでないと生活ができなくなりそうです。

そんなときの為に郵便局でのカードローンを持っていたのですが、ある時必要に応じて借入をしました。簡単に借り入れた印象がまずかったのでしょう、他社からも借りるようになってしまいには返済不能に。レイクALSAでまとめようと決心して調べたところ、レイクALSAでは借り換え専用ローンがなく、借り換えができないようでした。


アコムとSMBCモビットの借入をレイクALSAに借り換えた

 

テレビで冬のボーナスの話題になると、新卒で働き始めた頃、初めて冬のボーナスを貰った時のことを思い出します。新入社員として働き始めてからまだ一年もたたないのに、ボーナスなんて貰って良いのだろうかと思ったものです。

あの頃貰った金額は、初任給プラス半月分くらいでしたが、とても嬉しかったです。親にも、少しですがお小遣いを渡せました。あれから10年以上経ちます。金額は多少増えましたが、公務員から比べると微々たるものです。けれでも、少ないながらボーナスを貰えるだけありがたいです。
ボーナスを見越して、新しいテレビを買いたいと考えています。実家で使っているテレビが調子が悪く、そろそろ買い替えないといけないなと両親と話しています。でも、チラシを見ながら、年末近くになったらもう少し安くなるかなと考えたり。

ボーナスが少ないので、ちゃんと検討しないといけないのが悲しいところです。今年も冬のボーナスの話題がテレビで流れる季節になってきました。今年はどれほど貰えるかワクワクしています。しかしアコムとSMBCモビットに借りた分の返済にも充てなければならないのです。

現在は返済も2箇所にしなければならないし、金利も高いので、借り換え分と借り換えの為の借入が総量規制の範囲内だったのでレイクALSAで借り換える事に成功しました。


レイクALSAなどの借入をプロミスに借り換えました

 

結婚をして仕事を退職し専業主婦をしてましたが子供が産まれ色々出費がかさむにつれ仕事しなきゃと思うようになりました。でも小さい子供がいるし両親も身体が弱く頼めないしと仕事ができる環境ではなかった私ですが主人の一言で月に数万円稼げるようになりました。その一言は「稼げる散歩にしたら?」でした。

毎日ベビーカーで子供と散歩をしていたのでポスティングをしたらどうか?ということでした。悩んでいるところに自宅ポストにポスティング募集のチラシが入り問い合わせしたら子連れでもOKですし曜日も時間も自由で更にチラシも玄関先まで会社の方が届けてくれて報告は電話という事で出社することなく仕事が開始できました。

配布エリアは自宅付近でしたが今までの散歩とは違ってポストを探すのが慣れるまで大変でしたが数か月経つとポストの位置もわかり効率よくできるようになりました。そうして稼げる散歩が始まりましたが欲張りな私は一社だけでは物足りず二社三社と増やし子供と一緒の散歩だけでは時間が足りなくなり早朝に家族が起きる前の1時間ぐらいウォーキングを兼ねて配布を始めました。

これが良い運動になり稼げる散歩から稼げるウォーキングに変化しました。ポスティングだけで月に数万円もらえたので無理なく身体にも良い仕事に出会えて良かったです。レイクALSAなどの借入をプロミスに借り換えた分の返済にもプラスになると思います。


レイクALSAで借り換える?

 

レイクALSAのカードローンを利用してみたことはありますか?レイクALSAは銀行カードローンが規制されてレイクのメリットがなくなった事から、グループ会社の新生フィナンシャルから出したカードローンです。

店舗を持たないのにちゃんと経営成り立つのかと思われてしまうかもしれませんが、レイクの店舗を引き継ぎますので問題はありません。もちろん店舗を再利用することによって新たに発生するコストは少なくて済みます。

しかしこのメリットは高額借り入れしないことには生きてきません。低額借り入れの場合は総量規制などのデメリットがでてきます。レイクだと即日融資不可になりましたので急いでいる場合にとても不便ですので、消費者金融のカードローンになったレイクALSAでは即日融資も可能です。たとえば、大手消費者金融のプロミスは審査結果によるものの基本的に即日融資可能です。

また、プロミスでははじめて利用の方限定で30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)も行っているのでとても便利です。